トレンドネタをお届けします!

浅田真央の母の死因は酒だった!死因はエイズはガセ

浅田真央の母親がなくなってすでに、7年以上の歳月が過ぎました。彼女の死因は酒といわれていますが、エイズが原因というガセネタも出回っているようです。

 

浅田真央の母親の死因はお酒

浅田真央の母親である、匡子さんが亡くなったのは、浅田真央が20歳の頃である。カナダで行われる、グランプリファイナルの為にカナダに来ていた浅田真央は大会開幕直前に母親の様態が悪化してしまった事を知る。

居てもたっても入れなくなった、彼女は、試合はなげうって日本に急遽帰国したのだが、母親の最後に立ち会うことはできなかった。、、、

まだ、20歳の少女には悲しい現実だったに違いない。
しかし、その悲しさをバネに、母親の葬式の後に行われた全日本選手権大会では見事優勝を成し遂げ見る者全てを感動させた。

母親である匡子さんの死因はニュースで肝硬変という風に報道されていた。
恐らく、聞きなれない病気なので、知っている人は少ないと思うが、読んで字のごとく、肝臓が硬く変化してしまう病気のようだ。
この病気の原因は肝臓なのでお酒と思われる場合が多いようだが、実際はお酒が原因の場合は10%ほどしかなく、ほとんどは別の原因だという。

しかし、匡子さんの場合は高い確率でお酒だと考えられる。
夜の仕事(水商売)をしていた彼女は一般の人より多くのお酒を摂取していたからだ。

しかし、いくら推測しても本当の答えをしることはできない。
死因は肝硬変と報道はされたが、肝硬変になった原因までは公表されることはなかった。

死因はエイズというガセ情報

死因はエイズというガセ情報が広まった理由についてお話しよう。
浅田真央の母親、匡子さんは12歳で父親をなくし、20歳で母親を亡くしている。若い頃に両親を亡くしてしまった匡子さんは生活していくだけのお金を稼ぐために、水商売の道に走った。

(入船というソープランドで働いていたようです)

このような理由からエイズではないのか?という噂が広まったようですね。