トレンドネタをお届けします!

浅田真央の母、画像に映る顔色が悪い。既に体調不良だった?

浅田真央の母親の画像を見ていて、母親の顔色が悪いということに気づきました。

今まで、再三浅田真央の母、浅田匡子さんについて書いてきましたが、今回も彼女について調べていきます。

浅田真央の母親の画像を公開

まずは、母親の画像をご紹介しよう。

いくつか集めてみました。

 

 

母、匡子の顔色が悪かった?肝硬変とは?

浅田真央の母親が亡くなったことはすぐさまニュースになって、様々なメディアで取り上げられましたよね。(2011年)

死因は肝硬変という病気のようで、肝臓病の1つとして数えられ、慢性的に、肝臓の細胞が減少または、死滅していって肝臓が病名どうり硬くなってしまうというものです。

症状としては、疲れやすくなったり、食欲が減ってしまったり、体重も減るそうです。悪化してしまうと吐血や発熱、鼻血や歯茎からの出血などもあるよう。

身体初見として、肌に、クモ状の血管が浮き出たりすることもある。

肝硬変の原因は、アルコールの多量摂取が原因としてあるようで、慢性肝炎をほっておくとやがて肝硬変になる。
しかし、なかなか症状に気づかない人が多いので、手遅れになる人も少なくないようです。

(注意しておかないといけないのは、原因はアルコールの多量摂取だけでなく、ウイルスからの感染もあるようです。)

 

さて、ざっと肝硬変についてご紹介しましたが、疲れやすい、体重の減少という症状があるようですが、浅田真央の母親も、メディア出演した際終始疲れているようでした。

こちらの画像を見てください。顔色も良くないですし、すでに此のときには肝硬変が進行していたのかも知れません。

 

夫からの暴力などもあった可能性があり、家庭内では気の休まる時間はほとんど無かったのでは無いでしょうか?

毎日娘の送り迎えをこなし、家事に加えて、仕事にもいく(浅田真央のスケートをサポートするために仕事は数年で辞めたようですが)体力的にも消耗していたに違いありません。

確かに、画像に映る彼女の顔色は良いとは言えませんし、顔からにじみ出る苦労が伝わってきます。

 

心より、ご冥福をお祈りします。